ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチに挑む村田諒太選手が

王者アッサン・エンダムとともに予備検診した際

視力が両目1.0からなんと左2.0、右1.2とあがったということ。

2年前から取り組んでいるビジョントレーニングの効果ということです。

そのビジョントレーニングとはどういったものなのか

どんな効果が得られるのか調べてみました。

Sponsored Links




ビジョントレーニングを指導する飯田覚士氏とは?

村田諒太選手が指導を受けていたのは元WBA世界スーパーフライ級王者・飯田覚士氏。

飯田氏のもとに2年前から通いビジョントレーニングの指導を受けていました。

本来、ビジョントレーニングとは視覚能力を高めるためのもので

村田諒太選手の視力向上だけが本来の目的ではなかったようですが

そのトレーニングのおかげで

相手の動きがわかるようになったことが副産物といったところのようです。

飯田氏の指導の元、ビジョントレーニングを行い両目のチームワーク(両目が機能できているかどうか)や

周辺視野を感じ取る力など「視覚能力」を高めてきました。

飯田覚士氏自身も現役時代に日本では数少ないドクター・オブ・オプトメトリー(検眼医)

のライセンスを持つ内藤貴雄(ないとうたかお)氏に指導を受けて成果を出していました。

内藤貴雄氏は日本テレビの「世界一受けたい授業」など複数のテレビにも出演経験があります。

飯田覚士氏は現在、女性や子供たちにもボクシングを楽しんでもらいたいと

ボックファイというジムを経営しています。

ここでは子供たちがビジョントレーニングしている動画はこちら↓↓

ビジョントレーニングでできるようになること

飯田覚士氏が指導を受けた内藤貴雄氏は日本にはまだ公的には認められていない「オプトメトリスト」という資格保持者。

海外では高度な資格として国家資格と州の試験に合格してはじめて開業できるんです。

オプトメトリストと眼科医との違いは?

眼科医が目の健康に重きを置くのに対してオプトメトリストは両目が上手く機能できているかどうか

できていなければそれを改善していくという目の機能に重きを置くのがオプトメトリスト。

そのトレーニングがビジョントレーニングです。

「見る力」を鍛えるということでスポーツ選手はもちろん

「見る力」が弱い子供たちにもそのトレーニングは有効とされています。

ビジョントレーニングの効果

例えば黒板の字をノートに写す時にさっと文字を見つけることができなかったり

遠いところと近いところの焦点が合いにくかったり

本を読んでいて次の行がわからなくなったりなど

ビジョントレーニングで改善することができるとされています。

特に発達障害の子供たちのビジョントレーニングに力を入れている北出勝也先生(オプトメトリスト)もいます。

キャッチボールが上手くできなかったり

子供の動作がゆっくりだと

「うちの子、運動神経よくないんだわ」と思ってしまいがちですが

実は両目がうまく機能できていないだけかもしれません。

スポーツ選手にとっては周辺視野を鍛えることで

相手の動きが予測できたり

ボールに対する反応がよくなったりと

技術向上に効果的なビジョントレーニング。

良いことづくしのビジョントレーニングですが

そのビジョントレーニングはどこで受けることができるのか

誰でも受けることができるのか調べてみました。

Sponsored Links




ビジョントレーニングが受けられるのはどこ?

まず村田諒太選手が指導を受けた飯田覚士氏のボックスファイ。

BOX fai
〒164-0013
東京都中野区弥生町6-10-11
弥生町ビル6F
03-3384-3104

また飯田覚士氏は日本コアコンディショニング協会のトレーナーでもあるので

体幹トレーニングなども合わせたビジョントレーニングを指導してもらえそうですね。

そしてその飯田覚士氏が教わったのがオプトメトリストの内藤貴雄氏。

内藤貴雄氏のビジョントレーニングは特別視機能研究所で行われています。

特別視機能研究所
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-22-6
052-242-0125

家でもできるビジョントレーニング

判断力と集中力を高めるためにビジョントレーニングを取リ組んできた村田諒太選手は

自宅にも点滅する光を追うトレーニング器具を置いたそうです。

下の動画からマシンでのトレーニング風景がわかります。

ただこの機械は50万円以上する高額なものなので

一般家庭には気軽に置けるものではありませんよね。

本で読んだりしても視機能の何が問題があるのかわからなければ

トレーニングしても効果が得らているのかわかりくいかと思います。

そこで上のほうでも書いたもうひとりのオプトメトリストの北出勝也先生の

視覚機能研究会では視覚機能の検査をしてくれるところを紹介されています。

北出先生に相談すると信頼できるところを紹介してもらえて

そこで検査を一通り受けた後に問題点など説明を受け

必要なトレーニングの方法を教えてもらえます。

実は私の娘も5歳の時に近くのメガネ店でお世話になりました。

不要なトレーニンググッズを売りつけられることはないし

必要であれば自己判断で購入するので強制されることはありません。

何より正しいトレーニング方法がわかったのがよかったですね。

娘の落ち着かない行動に不安があって行ったのですが

トレーニングをしてからキョロキョロと顔を動かす動作が減り

精神的にも落ち着いたように感じました。

スポーツ面でもボールを受けるのが怖がってできなかったのが

ドッチボールが好きになるまでになったのは親として嬉しかったですね。

お子さんの視力や運動神経に心配がある親御さんには

一度相談されるのもいいかと思います。

まとめ

村田諒太が視力を2.0にあげたビジョントレーニングは

視力アップだけでなく動体視力や視覚の機能をアップさせるので

スポーツの技術向上や子供の字を読むなどの勉強への負担も減らせる

トレーニングでした。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

Sponsored Links